女性医師の転職に重要なポイント

就活の準備には欠かせない新卒の就活スケジュールに関する情報サイトです。

女性医師の場合は、結婚や出産により、転職することが多くあります。医師と言う大変ハードな仕事と家庭とを両立させていくためには、働き方を変えざるを得ないのです。結婚や出産を理由に女性医師が転職する場合には、いくつか職場選びの重要なポイントがあります。

1つ目は、子供が病気の際に看護休暇を取得できるかどうかです。「子の看護休暇制度」は、法律で定められているのですが、実際にはなかなか取得が難しいようです。人の命を預かる医師が、仕事のせいでわが子が病気の時に看病もできないなんて、大変切ない現実です。

交通の至便性も、転職先選びの重要なポイントです。女性医師の平均労働時間は大変長く、週60時間以上です。仕事がそれだけ忙しいのですから、通勤時間の負担はできるだけ減らしたいです。通勤に時間を取られていては、家事や育児に当てられる時間がそれだけ減ってしまいます。

院内託児所の整備が急がれています。女性医師や看護師の離職を食い止めるために、国を挙げて院内託児所や保育所の設置が進められています。医師や看護師が安心して働くためには、24時間対応の環境が整った保育施設が必要なのです。

残業時間がどれほどあるかも、転職先選びの重要なポイントです。あまりに残業が多い職場では、家族や周囲を振り回してしまいます。独身の頃ならともかく、家庭を持ってからはできるだけ残業せずに帰宅できる環境が必要な場合が多いでしょう。

女性医師は、出産や結婚をきっかけに、いったん非常勤勤務を選ぶこともあります。勤務時間がはっきりしているので、生活の中に仕事を組み入れやすいのでしょう。女性医師が転職先を選び時には、職場で柔軟な働き方ができるかどうかがとても大切なのです。

転職でお悩みの方は、コチラのサイトで転職アドバイスが確認できます